copy and destroy

catch and eat

「アメリカ大都市の死と生」 - ジェイン・ジェイコブズ

#randomreading pic.twitter.com/FNl5rqis4w— twwp™ (@taizooo) 2017年5月10日cruel.hatenablog.com ジェイコブズの教訓:強いアマチュアと専門家の共闘とは http://cruel.org/other/jacobsdilettantv2.pdf ジェイン・ジェイコブズの概要とそのすごさ、意義…

998407.O

via http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/03/northkoreamissiles.phpこの3月、雨や雪や桜や放射線といった空から降ってくるものに、新たにミサイルが追加された。この2ヶ月、PC のディスプレイには日経平均(998407.O)、USDJPY、^DJI、^KS11、空…

今日の良かったこと

良かったことだけ書くメモ帳と良くなかったことだけ書くメモ帳用意するのいいかも。もしくは逆からそれぞれ書く— cut c (@cut_c) 2014年11月16日 twitter.comcut_c サンの「今日の良かったこと」、いいな— twwp™ (@taizooo) 2015年6月26日 パクリたいけど毎…

「なかよしパン」 - ぐしけんパン

ぐしけんパン なかよしパン https://t.co/jTbL5h4JR0 pic.twitter.com/vjBz24pwHp— twwp™ (@taizooo) 2017年5月5日

荒俣宏、ヘイエルダール

http://taizooo.tumblr.com/post/160474028740 アラマタサンの著書、楽園考古学くらいしか読んだことないけど、博学のくせにオープンマインドで(どれくらいオープンかといったらヘイエルダール再評価!!!とか言って専門家の人を辟易させるくらい)ちょっと一目…

荒俣宏、南方熊楠

http://taizooo.tumblr.com/post/160474028740 日曜日の新聞書評、朝日新聞、荒俣宏サンの「南方熊楠」ブックガイドだった。南方熊楠、生誕150周年らしい。先週の毎日新聞でも特集だった。アラマタサン、話題の「南方熊楠 複眼の学問構想」を外して(書影なし…

花ブロック

#randomreading pic.twitter.com/ZGUe51iYLz— twwp™ (@taizooo) 2017年5月11日www.okinawa-familymart.jp 戦前の沖縄はいわゆる木造の、今でいう“沖縄古民家”が建築の主流でした。戦後、米軍が基地を整備するにあたって、アメリカからコンクリートやブロック…

狂気とクリエイティヴィティは表裏一体

http://d.hatena.ne.jp/skirt_s/20170108#1483893446 一昨日に放送が開始された「山田孝之のカンヌ映画祭」の音楽を担当しています。新曲「ランプトン」は編集が済んだ6話分のドラマを鑑賞して書きました。回が進むごとに味わい深く感じるはずです。凄く面白…

ではみなさん、非同期に会いましょう

http://freedomcat.tumblr.com/post/20108360/ではみなさん非同期に会いましょうfreedomcat.tumblr.com

理由を持たない「好き」の強さ。

好きというのが難しい空気

日刊ハトさん: 3月22日...

かっこいいものを恥ずかしいとおもわずに好きだって言える格好良さ

http://railroad10111.tumblr.com/post/118285983803/かっこいいものを恥ずかしいとおもわずに好きだって言える格好良さrailroad10111.tumblr.com

知識人ではなく、昭和の知的生物だとでも言うしかない。あるいは稀にみる政治的知的生物だったのか

http://1000ya.isis.ne.jp/1628.html それにしてもいささか気味悪いのは、梅棹が他人の思想をほとんど引用していないということである。 ひょっとするとちゃんと参照読書をしていないのではないのか、学術論文のルールをまったく無視しているのではないかと…

歴史はそこに拓いていく

http://1000ya.isis.ne.jp/0835.html なんであれ、新しい様式と方法に挑んだ者こそもっと評価されてよい。歴史はそこに拓いていく。蒸気機関車やウィリアム・クルックスに、桑田佳祐やたらこスパゲッティに、そして、徳富蘇峰や和辻哲郎に。

その人と為りや、発憤して食を忘れ、楽しみて以て憂いを忘れ、老いの将に至らんとするを知らざるのみ

和辻哲郎 孔子 葉公、孔子を子路に問う。子路、対えず。子曰く、女(汝)奚ぞ曰わざる、その人と為りや、発憤して食を忘れ、楽しみて以て憂いを忘れ、老いの将に至らんとするを知らざるのみと。(述而、一八) この章の核心は子路が答えなかったという所にあ…

powered by hatena blog.
the nikki system for lifelogging junkies.

all posts © their original owners.
writing is reusable solely under the by creative commons license.