読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

copy and destroy

catch and eat

詩をひとつ手帳に書き込むとき、ほとんど完成したかたちで、みすゞは書いていたようだ。頭のなかで考え続け、よし、これでいい、というかたちへとまとまってから、それを彼女は手帳に書いたのだ、と僕は推測している。手帳のページという紙の上で推敲した形跡が、ないと言っていいほどに少ないからだ。

左開きの手帳を右開きで使うため、みすゞは天地をひっくり返して使った。デザイン処理された1925という年号が、写真のなかでは確かに倒立していた。風景の描かれた布を丸く切り抜き、表紙の右上に彼女は貼った。

天地をあっさり逆にして右開きとして使った手帳、というものを僕は見たかったのだが。

powered by hatena blog.
the nikki system for lifelogging junkies.

all posts © their original owners.
writing is reusable solely under the by creative commons license.