読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

copy and destroy

catch and eat

「どこそこのチムニー(岸壁が縦に筒状の空洞となっている箇所)をまたいで、はるか下へ落としたときは最高だった」とか、「さらされた尻を春の風が撫でていった」とか、話題が話題だけにそこには文学的な詩情さえ添えられており、山と文学に目覚め始めていた横浜郊外の少年を魅了するには、それだけでもう充分だった。

powered by hatena blog.
the nikki system for lifelogging junkies.

all posts © their original owners.
writing is reusable solely under the by creative commons license.