読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

copy and destroy

catch and eat

パイク氏に会ったのは合計してもわずかな時間だけど、瞬間に理解し合った点がいくつかあった。世の中の人間は、互いがさまざまに理解し合う線で繋がっている。太い線もあり、か細い線もあり、そういう見えない線がさまざまに交差している。ハイレッド・センターのころに、パイク氏とは往来自由の太い線が施設されていたと、こちらでは思っている。

powered by hatena blog.
the nikki system for lifelogging junkies.

all posts © their original owners.
writing is reusable solely under the by creative commons license.