読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

copy and destroy

catch and eat

maestro rhythm king

#FUNKstudy

gyazo.com
google:maestro rhythm king

Timmy Thomas 好きすぎる。

1972年リリースのアルバムまるまる一枚、リズムボックスとオルガンと歌のみで構成された timmy thomas- why cant we live together のリズムボックスはMAESTRO RHYTHM KINGだった。


togetter.com

この曲のリズムはドラムマシンによるもので、ドラムマシンを使った曲としてはかなり早い時期の部類に入ると言えるでしょう。スライはリズム・ボックスで非現実的なサウンドを作ろうと考えておりドラムマシンのボタンを押しながらテープを回し、また巻き戻してはオーバーダブを繰り返し、この独特なサウンドを作り上げました。 スライ・ストーンが『暴動』で使用したのは Maestro Rhythm King MRK-2 というマシン。

バンドメンバーと一緒にスタジオで録音するのではなく、Sly一人がリズムボックスのテンポに合わせて弾く。これで多重録音をしていき、怪作There's a Riot Goin' OnやFreshを完成させました。全てのパーカッションをリズムボックスに任せたわけではないですが、随所に際立っています。

powered by hatena blog.
the nikki system for lifelogging junkies.

all posts © their original owners.
writing is reusable solely under the by creative commons license.