copy and destroy

catch and eat

今週末の良かったこと


飯田蛇笏全句集を買った。キンドルになっている。ポケットの中に入る。毎日持って歩ける。未来。

日曜の朝、いつものコーヒーショップで読んだ、暮しの手帖「暮らしのヒント集」の中に、

本屋に行って詩集を一冊買いましょう。知らない作家のものでも、すばらしい作品がたくさんありますから。

とあった。えー、詩集かあ、と思った。まあ、つまらない話をウェッブで眺めるよりは全然良いだろうな、と思った。その帰りに、コンビニで買った毎日新聞と朝日新聞の書評に、西東三鬼全句集があった。キンドルになっていた。おっ、と思った。

「西東三鬼全句集」

水枕ガバリと寒い海がある

  • 季語は「寒い」。冬の句
  • 水枕は熱が出たときにつかう、あの水枕のこと

句集といえば、松尾芭蕉の全句集が積読になっている。で、引っ張り出してみた。

「芭蕉全句集」

かびたんもつくばはせけり君が春

  • 季語は「春」。新春の句
  • かびたん(甲比丹/Kapitein/captain)は、長崎出島のオランダ商館長のこと
  • つくばはせる、は、つくばわせる、這いつくばる、ひれ伏すこと
  • 君、は、ここでは徳川家綱のこと

でも、ちょっと待て、と。松尾芭蕉とか、たしかに有名だし、「おくのほそ道」も読んだけど、それじゃあまりにも偏っているだろう、と。多様性が損なわれているのは悪じゃなかったのか、と。で、特定の誰かじゃなくて、江戸時代みたいな過去じゃなくて。で、「定本 現代俳句」を見つけた。西東三鬼の句も載っているらしい。キンドルになっていた。おっ、と思った。

「定本 現代俳句」

で、ここでちょっと思い当たる。西東三鬼とか、たしかにカッコイイけど、そんな縁もゆかりもないところじゃなくて、山梨には誰かいなかったっけ? あ、蛇笏か、飯田蛇笏だ! ということで、「飯田蛇笏全句集」を買った。キンドルになっていた。おっ、と思った。

「飯田蛇笏全句集」

冱えかへる山ふかき廬の閾かな

  • 季語は「冱えかへる」。春の句
  • 廬は山廬(サンロ)。山廬とは蛇骨の居宅のこと
  • 閾は敷居のこと。閾値の閾。Threshold
  • 冱えかへるは、冱え返る、冱返る。サエカエル、イテカエル。
  • 春になり、ゆるみかけた大地が、寒さのぶり返しで再び凍りつくこと

俳句の世界では春。そして月曜日、雪が降っている。今週末、床屋にはまた行けなかった。

外の世界と同じくらい身体の内面の世界とも向き合うのだ

毎日走ることで、山を走ることと歩くことの違いに気がついた。なにが違うのか? 歩くとき、僕の意識のほとんどは外の世界に向かっている。でも走るときは、外の世界と同じくらい身体の内面の世界とも向き合うのだ。

左腕の肘を伸ばし、 肩よりも高く親指を立てる。 そして、お留守になった右手を 力一杯振る。笑顔で。

立ち止まり、
車が来る方向を向き、
「僕はバックパッカーだ。」と言わんばかりに、
ザックを降ろし目の前に置く。

左腕の肘を伸ばし、
肩よりも高く親指を立てる。
そして、お留守になった右手を
力一杯振る。笑顔で。

これが僕の考えるヒッチハイクの流儀に則った正統な方法です。

今週末の良かったこと

髪ボサボサだけど、寒すぎて床屋には行きたくなかった。なにかと理由をつけて、いろいろなものを先送りしている。あるものは翌日へ、あるものは来週へ、そしてまたあるものは来月へ。

先送りしているもの、「道徳感情論」。走ると本、読めない。本、読むと走れない。 週末、たくさん走りたいし、たくさん本、読みたいけど、それぞれは、残念ながら相反するみたい。

すべて持つことはできない。 禁じられている。 選ぶことを学べ。

イイ感じにするためには丁度よいところでバランスしないとダメ、という学び。 “yin & yang”

先送りしていたもの、メガネの修理。二つあるメガネのうちの一つが調子悪くなったのはまだ暑かった頃だった。テンプルが開いてしまってユルユル。必ず右側の留め具のところのネジが緩むようになる。締め増しても締め増して必ず緩む。二つめのメガネがいよいよユルユルになってきたので、しょうがなく街の眼鏡屋で調整してもらった。新しい先送りのために、ユルユルな上に度があっていない三つめのメガネのレンズ交換を頼んだ。

先送りしていたもの、コーヒー。禁コーヒーが明けて昨年は、泥みたいなインスタントコーヒーしか飲まなかった。2018年が明けて新年、いつものコーヒーショップに行った。実は三が日が明けてからすぐの日曜日、店先まで行ったのだけれど、商売繁盛で店先を固くディフェンスする人垣にたじろいですごすごと引き下がっていた。商売繁盛。自分ではない誰かのサイフでお気に入りのコーヒーショップが潤うのはとても喜ばしいことだ。これまでの分を取り返すべく、ドリップを飲み干した返す刀でアメリカーノを注文した。アメリカーノは「熱いですよ」と渡されたのにやっぱり熱かった。帰り道、謝恩塔に上った。

どんど焼き。晴天。無風だったのに正月飾りに火がつくとなぜか強い風が吹いた。三年日記を読み返してみると昨年は風花が舞っていた。その数ページ先に花粉症という文字を発見してちょっとうんざりした。

悪くはない週末だったが、リブログはなかった。

好奇心を遮るものはたとえば恐怖心で、

自分はインターネットを通じていろいろなものにアクセスできて、表面的にはいろいろなものごとを見たり知ることができる。
だから年が同じころの母と比べたら未知の量は少ないかもしれない。

好奇心を遮るものはたとえば恐怖心で、恐怖心はたとえば未知のものに対して生まれる。
未知の数でいえば、母より自分のほうが好奇心を遮られることが少ないといえる。

そういうアドバンテージもないまま未知の暗闇を知りながら虚栄を見せるでもなく「やってみたらいいよ」と言える母は、実は自分が思っていたよりもずっとすごい気がしたし、自分はそういったテクノロジーの恩恵を受けておきながら臆病になっていてはいけないなと思った。

知らないが故の恐怖心、知っているが故の恐怖心。
情報量と恐怖心/好奇心の関係。
未知と既知、恐怖心と好奇心。もしかしたら、それぞれは因果も相関も無いかもしれない。陰と陽、"yin & yang" バランス。

powered by hatena blog.
the nikki system for lifelogging junkies.

all posts © their original owners.
writing is reusable solely under the by creative commons license.